体感的に関東の方が寒いんじゃないかと思う話

ぶっちゃけ関東の方が寒いって!!!

 

今回は現在自分が住んでいる東北は秋田県と、関東の寒さの違いを比べてみます

あくまで体感的な話ですが、個人的には断然関東の方が寒く感じる理由もお伝えします

 

目次

同じ気温でも体感が全然違う

よく千葉にいる時は「秋田って冬の時期めちゃくちゃ寒いんでしょ?」とよく聞かれます

実際に冬場で-5℃とか-7℃とか当たり前で、1日の最高気温も氷点下なんてよくある事です

 

でも個人的には千葉(関東)の方が寒く感じます(>_<)

 

気温だけ見れば確かに秋田県(東北)の方が圧倒的に寒いのですが、体感としては関東の方がその気温以上に寒いと思います

 

なんと言うか、気温はそこまで低くないんだけど、体を突き刺す寒さと言うか…何枚着込んでもとにかく寒さを感じて常にブルブル震えています(笑)

 

そこでふと、その体感の違いはどこからくるのか考えてみました

 

1.家の中が寒すぎる

基本的に関東の場合、めったに雪が降らないことから家の設計も2重窓や断熱材とかの対策はあまり行われていません

 

↑2重窓ってこんな感じ

 

まあそもそも雪が降らないので対策をする必要があまりないのですが、それもあってか家の中はとにかく寒く感じます

 

2.強風で更に寒く感じる

自分の住んでいた千葉県では冬場はかなり風が強かったです

 

気温だけ考えれば日中寒くても7℃とか8℃とかでしたが、その強い風の影響で体感的には氷点下なんじゃないかと思うくらい寒く感じます

 

3.雪国は湿度が高い?

 

2018/12/27日現在の秋田県と千葉県の気温の湿度の違いの写真ですが、千葉県が湿度47%に対して秋田県は71%!東北と関東で湿度はかなり差が出るんですね

 

ちなみに冬場での湿度の関係を調べてみると

湿度が低い→皮膚からの汗が蒸発しやすく、体が冷えやすい

湿度が高い→汗の蒸発が抑えられて暖かく感じる

との事です

 

汗の蒸発による体温の低下は盲点でしたが、気温以外にも湿度の関係によって、その気温以外に寒く感じるのにも納得です

 

あっ、ちなみに雪国でも全く乾燥しないわけじゃないですよ(^_^;)

 

寒いものは寒い!

雪国と関東での寒さの感じ方に違いがあることをお伝えしましたが、ぶっちゃけどこに行っても冬場は寒いもんは寒いです!(笑)

 

これまた千葉の友達とかに「秋田県からすればこっち(千葉県)の寒さは大した事ないでしょ」とかよく言われますが、んな事ありません、余裕で寒いです!むしろ千葉の方が寒いです:(((´◦ω◦`)))ガクブル

 

とまあ、東北と関東でどっちが寒いとか言っても仕方ないので、今回は秋田県と千葉県での寒さの体感的な違いのお話をさせてもらいました!(絶対に関東の方が寒いと思うけど)

秋田県も寒いけど、千葉県(関東)も十分寒いんだよって事を分かっていただければ幸いです

 

おしまい!

記事への意見・感想などお待ちしております